VIOラインの処理に恥じらいを感じている女の子

Iラインのお手入れをしている方が増えています。
ひと昔前だとIラインのお手入れしている方は少なかったのですが、海外ドラマや海外セレブの影響もあってか今では急上昇しています。

Iラインは、なかなか他人にみられる箇所ではないけれど、女子力や美意識に直結している箇所でもあります。
今回はそんなIラインのお手入れをテーマに、詳しく掘り下げていきたいと思います。

VIOの中のIライン

水着を着るときに気になるIライン

Iラインは、単体で語られるよりVIOとして一括りにされることが多いです。
VIOとはそれぞれどこを指すのでしょうか。

名称 位置
Vライン デリケートゾーンを正面からみた逆三角形の範囲
Iライン デリケートゾーンの縦のライン
Oライン 肛門付近

Vラインについては、正面なので比較的自己処理をしやすいという特徴を持ちます。
Iラインについては、自己処理でできることはできますが、難易度が高い箇所になります。
Oラインについては、自己処理をしようとしても、見えないので実際にする方はほとんどいません。

処理する位置を間違えると危ないので、自己処理をする場合はゆっくり丁寧にする必要があります。

Iラインのムダ毛を処理するとどんなメリットがあるの?

脱毛のメリットが知りたい女の子

Iラインのムダ毛を処理すると見栄えがよくなるのはもちろん、何よりも衛生的になります。

女性同士のトークだとしてもなかなか話題にしづらいデリケートゾーン特有のムレやニオイ。
実は悩まされている女性は多いのです。
中には「ひょっとして病気?」「恋人にニオイがあると思われたくない」と気に病んでしまう女性もいます。

しかし、意外にもIラインのムダ毛を処理するだけでムレやニオイが改善することも多いといわれています。
Iラインのムダ毛を処理してキレイに保つことは衛生面に直結していて、女子力や美意識の表れともいえるのです。

デリケートゾーンの悩みを感じている方は、何らかの方法で処理していくことをおすすめします。

Iラインは自己処理に手間がかかる?

Iラインは自己処理が大変だから悩ましいと感じている女の子

Iラインは、箇所が箇所だけに慎重に自己処理をする必要があります。
また、自己処理を行うのが不安だという方もいます。

どの方法で行うとしても、かなりの手間がかかってしまいます。

Iラインの自己処理はいったいどのような方法が人気なのでしょうか。
1つずつみていきたいと思います。

ヒートカッターでの処理

他の自己処理用品に比べるとヒートカッターはあまり認知度が高くありませんが、VIOを専門にしたムダ毛処理用のアイテムです。
形は小型の電気シェーバーのような感じですが、電気シェーバーのようにムダ毛を剃るのではなく、ムダ毛を焼きます。

というと、非常に恐ろしいもののような印象になりますが、安全性を考慮した作りになっているので使用方法を守って使えば大丈夫です。

ヒートカッターのメリットはVIOをふんわりとした形にできることと、剃らないのでチクチクしないこと。
デメリットは全ての毛を処理したつるすべ状態にするには向かないことです。

カミソリでの処理

カミソリはどこの箇所であっても最も定番かつ人気のお手入れアイテムです。
Iラインを処理する際も、比較的簡単にできます。

しかし丁寧にやらないと誤って切ってしまうこともあるので要注意です。

そうならないように丁寧に自己処理をしていくと、必然的に剃り残し部分が出てくるのと、あとは再び生えてくるとちくちくしてしまうというデメリットがあります。

除毛クリームは?

ブラジリアンワックスやその他様々な除毛クリームも自己処理のためのアイテムとして人気です。
きちんと使えばヒートカッターやカミソリより、効率が良く、つるすべ度もあがります。

しかし、塗る範囲を注意しなければならない、VIOには使ってはいけないタイプもある等、制限があります。

いっそ毛抜きは?

最近ではこの方法を好んで行う方は少なくなってきています。
痛みがあるのはもちろん、お肌へのダメージが大きいと広く知られるようになったからです。

毛抜きをIラインに使った場合、当たり前ですがものすごく痛いです。
ただでさえ皮膚が薄い部分なので引っ張ると大変な苦痛を伴います。

お肌への負担度も高いので最もNGな自己処理方法といえます。

処理後のお手入れはどうするべき?

処理後のあれこれが気になる女の子

処理後のお手入れは化粧水(といっても高いものではなく、プチプラのもので大丈夫です)を塗って保湿してあげると良いですが、市販のものは粘膜には塗らないほうが良いです。

自己処理も、自己処理後のケアも、安全のため粘膜を避けるようにするのが無難なのです。

余談ですが、Iラインをボディーソープでごしごし洗うのもあまり良くないといわれています。
必要な菌まで落としてしまい、それによって雑菌が繁殖してニオイの原因になるといわれています。

Iラインの粘膜はボディーソープを使うなら軽く洗う程度に留めましょう。
しっかり洗いたい場合は専用のソープを購入するのがおすすめです。

自己処理した場合のデメリットはあるの?

Iラインの自己処理に伴うデメリットは、お肌へのダメージ、そして粘膜に雑菌が入ってしまう可能性があることです。
サロンやクリニックでデリケートゾーンを施術する際は必ず都度、徹底的に備品を消毒しています。

それくらい衛生面には注意しながら施術が必要な箇所だということです。

自己処理でIラインをお手入れする場合、毎回道具を消毒というのはなかなか難しいと思います。
衛生面のリスク、自己処理の難しさ。これが自己処理のデメリットだといえます。

自己処理しないのもあり?

下手に自己処理をしてお肌を傷めつけたり、粘膜に雑菌が入ってしまうよりは、いっそお手入れしないというのも1つの手段だと思います。

しかし、その場合、見栄え的にあまりよろしくなかったり、ムレやニオイに悩まされたりと、別のデメリットも出てくるので一概にはいえない部分が大きいです。

どれくらいの頻度で行うもの?

ヒートカッターやカミソリでお手入れする場合は、気になる都度になるので個人差がありますが、毎日~1週間に1回くらいお手入れする方が多いようです。

除毛クリームの場合は2週間~1ヵ月に1回お手入れする方が多いようです。

自己処理をしているのはどんな人?

Iラインは正直他人にはそうそう見られない箇所です。
そんな箇所をお手入れする方というのは、基本的に女子力や美意識が高い方です。

また、ムレやニオイに悩まされている方が、衛生面を管理するためにお手入れをする場合もあります。

男性からみてどう?

つるすべ肌で女子力アップしたい女の子

日本人の男性は比較的Iラインのムダ毛に対して寛容だといわれています。

しかし、やはり本能的に女性らしいつるすべ美肌を好む方が多いです。
Iラインにムダ毛があってもよほど剛毛ではない限り引きはしないけど、無いほうが嬉しいようです。

ちなみにIラインの毛を処理すると、恋人とのラブタイムに女性は感じやすくなるといわれています。
どうしてかというと、遮るものが無いからです。

たかが毛・・・されど毛。
あるのと無いのとでは感覚が全然違います。
これは一度つるすべ状態を経験した女性にしかわからないかと思いますが、けっこう違います。

男性からみても同様で、男性は視覚で興奮する生き物なので女性のIラインに毛がないことによって、繋がっている部分が良く見えて興奮します。

中には「毛があるほうが良い」という意見の男性もいるかとは思いますが、本能的には毛がないほうが喜ぶといえるでしょう。

あとは、恋人にそれとなく探りをいれてみることをおすすめします。

Iラインをキレイにしたいならサロンがおすすめ

ここまでIラインのお手入れについてご紹介してきましたが、はっきりいって自己処理よりサロンを使うほうがおすすめです。
自己処理はデメリットも多く、リスクがあります。

1回1回にかかる費用はもちろん自己処理のほうが安くなりますが、安全性を考えるとお金がかかってもサロンで安全に衛生的に脱毛するほうが良いです。

それにサロンで処理すると、自己処理では到達できなかったレベルのつるすべ肌を目指すことが可能です。
特にIラインは他の箇所より自己処理が難しく、チクチクしやすい箇所だからこそ、サロンできちんとお手入れすると触感からして違います。

そして最終的にはムダ毛自体が生えてこないつるすべ肌を目指すことが可能になるのも嬉しいポイントです。

ずっと手間や衛生面のリスクをかかえて自己処理を重ねるくらいならいっそサロンで脱毛を始めましょう!

どこのサロンがおすすめ?

もしサロンでIラインの脱毛をしていくとなったときに、おすすめしたいのはプリートです。
プリートは名前に「ハイジニーナ脱毛(=VIO脱毛)」のプリートとつくくらい、VIO脱毛にこだわりを持っているサロンです。

プリートの落ち着いたデザインのロゴ

お肌に優しくしっかり保湿ケアをしながら脱毛できて、つるすべ肌を目指せると、VIO脱毛を重視する方から評価の高いサロンです。

Iラインを脱毛する際は、Iラインだけつるすべにするのではなく、VラインやOラインも一緒にお手入れするほうが自然で見栄えもよくなります。
多くのサロンで、VIOはセットとしてカウントされているので、今回もセットとしてのプランをご紹介します。

プリートのVIO脱毛の料金は以下の通りです。
回数は人気の6回でみていきたいと思います。

VIO脱毛料金6回 特別価格 痛み
プリート 86,000円 51,600円

(40%オフ)

ほとんどない

現在、プリートでは40%オフの料金でVIO脱毛ができます。
(※時期によっては終了する可能性もあります)

40%というととても大きく、とてもリーズナブルな料金で脱毛できるので、これからサロンで脱毛を始めたい方は要チェックです。

Iライン以外にもVとOもまとめて脱毛すれば快適

いかがでしたでしょうか。
Iラインの自己処理は難しく、衛生面のリスクも伴います。
かといってお手入れを一切しないのも、別の意味で衛生面のリスクを伴います。

できることならサロンに通ってプロの手できちんとお手入れをし、最終的ずっとムダ毛が生えてこないつるすべ肌を目指すのがおすすめです。

箇所が箇所だけにサロン選びを迷うこともあるかもしれませんが、人気があって実績豊富なサロンを選べば安心です。
今回ご紹介したプリートは、VIO脱毛に自信を持っている実力派サロンです。
実績も豊富で人気があるので、きっと満足いく仕上がりになると思います。

これから脱毛したい方はぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

合計4箇所300円脱毛!(税抜)
両ワキVラインの脱毛通い放題でなんと300円
日本一の店舗数の脱毛サロン!好きな時に予約出来て、なんと解約手数料も無料の脱毛サロンです。
初めての脱毛におススメの脱毛サロンです

2ヶ月分が0円!!!医療レーザー脱毛はアリシアクリニック

4467-1460226643-3

2ヶ月分の脱毛料金が無料!
月額9500円から脱毛可能!
キャンセル料無料!
医療レーザー脱毛で永久脱毛