Vライン脱毛のことを知りたい女性

脱毛の人気箇所といえばイメージしやすいのがワキや腕といった夏場に見えやすくなる箇所。
しかし、最近そのような人気箇所にグイッと割り込む新しい脱毛箇所が登場しています。

それは、Vラインです。

ひと昔前ならあまり進んで脱毛箇所として選ばれることがなかったVライン。
今は海外セレブの影響もあってか、問い合わせは増加中。
今回は新しいブームを巻き起こしているVラインの脱毛についてご紹介していきたいと思います。

VIOラインの中のVライン脱毛について

Vラインを脱毛すればビキニも着られる

「VIO」とはよく聞く表現ですが、具体的にどの位置を指すのかというと以下の通りです。

「Vライン」・・・デリケートゾーンを正面からみたときの逆三角形の部分です。
「Iライン」・・・デリケートゾーンの縦のラインです。
「Oライン」・・・肛門の周辺の部分です。

Vライン、Iライン、Oラインはそれぞれデリケートゾーン内の別々の位置を指しますが、多くの脱毛サロン、クリニックではまとめて「VIO」と呼ばれることが多いです。
理由は、VIOの中から1箇所選ぶというよりは、VIOをまとめて脱毛することが定番だからです。

ハイジーナ脱毛とVIO脱毛の違いは?

「VIO脱毛」という言葉と併せて「ハイジーナ」というデリケートゾーンの状態を表す言葉も定番になってきています。
VIO脱毛のことをハイジーナ脱毛と呼んでいるところもあります。

一応定義としては、VIO脱毛はVIOの毛を処理することを指し、毛のデザイン等に指定はありません。
ハイジーナ脱毛はVIOを脱毛して全体的につるすべ、いわゆるパイパンと呼ばれる状態にすることを指します。

主に欧米の先進国ではVIO脱毛というとハイジーナ脱毛を指します。
欧米先進国では物心つくとハイジーナにすることが当たり前で、逆に毛を残すデザインを好まない方が多いことからハイジーナという言い方が定着しています。

日本の場合は文化的な背景もあって、VIO脱毛を希望する方でもハイジニーナ状態を好まず、毛を残すデザインにしたがる方がまだまだ多くいます。
日本では脱毛を希望している方が必ずハイジーナを望んでいるというわけではないので、全ての方を定義に当てはめるのは難しく「ハイジーナ脱毛」と呼んでいても、毛を残すデザインに対応してることがほとんどです。

仮に毛を残すデザインを希望している場合でも、日本のサロンやクリニックであればハイジーナ脱毛と表記されているところに行って大丈夫です。

Vライン脱毛は男うけがよいって本当?

Vライン脱毛をすると男性から評判が良いって本当か気になる

今回はVIO脱毛の中のVラインについてフォーカスしていきたいと思います。Vライン脱毛をすると男うけは良くなることがほとんどです。
もちろん男性の中には濃いヘアが好きだというフェチの方もいるので、100%と断言はできませんが、通常の男性であればVラインがお手入れされている状態を好みます。

元々日本人女性はVラインの毛を積極的にお手入れしないのが普通なので、男性側も見慣れていなくて最初戸惑うという展開はあるかもしれません。
でも、慣れてくるとずっとVラインをきれいにしておいて欲しいと感じる男性が大多数です。

彼氏がいる場合はVライン脱毛をする前に相談したほうが良い?

彼氏がいる女性がVライン脱毛をする場合「彼氏の好みがVラインをお手入れしている状態!」と把握できているなら良いですが、好みが不明な場合は事前に確認したほうが無難です。

Vラインはデリケートゾーンだけあって、髪型のように気軽に変える箇所ではないので、突然それまでとは違う状態になると彼氏側がびっくりしてしまう可能性があります。

中には見慣れていないからこそ、元々Vライン脱毛に否定的な見解をしている男性もいますが、実際に彼女がVラインをお手入れしてきれいな状態になると、衛生的さや見栄えの良さがやみつきになり、ずっとお手入れした状態でいて欲しいと望む方は珍しくありません。

デザインを選択できるって本当?

日本のサロンやクリニックでは基本的にVラインのデザインを選択できます。
日本人女性の場合、全ての毛を処理しないで、毛を残すデザインを好む方も多いからです。

とはいえ、多くのサロンやクリニックでは全ての毛を処理するデザインを推奨しています。
そのほうが圧倒的に見栄えが良く、そして中には一旦毛を残すデザインで脱毛を終えてからやっぱり全てつるすべにしたいという方もいるからです。

よほど抵抗感があるなら無理強いはできませんが、毛を残すデザインを選択したい方も一旦全て処理するデザインを検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、毛を残すデザインで好まれるのは逆三角形の先端の部分だけ残すデザインと、ビキニからはみ出る部分だけ処理するデザインです。
少数ですが、毛をハート型に残すデザインを選択する方もいます。

IやOを除いてVラインだけ脱毛する人もいるの?

ここまでVラインの脱毛についてフォーカスしてきました。VIO脱毛という風にセットで呼ばれることが多い中、実際Vラインのみを脱毛する方はいるか・・・ですが、もちろんいます。

学生さんで全身脱毛をするにはお小遣いが足りないから毛が濃くて気になるワキとVラインのみ部分脱毛するという方もいますし、最初から他の箇所には興味なくVラインだけに狙いを定めて脱毛を始める方もいます。

総じてVラインの脱毛を選択する方は美意識が高い傾向にあります。
通常、他人にみられることは少ない箇所。
部分脱毛でVラインを選択する場合は特に美意識が高い方ばかりです。

Vライン脱毛をするときの体勢って恥ずかしい?

Vラインの脱毛だけなら、恥ずかしさは少ないと思いますが、IラインやOラインも脱毛していくとなると施術にあたり恥ずかしさを感じる方もいるようです。

基本的には「銭湯や温泉にも恥ずかしくていけない!」というレベルの恥ずかしがり屋さんでない限りは、大丈夫です。
最近では脱毛器の質も上がり、施術時間が以前より大幅に短縮されています。
1回当たりの施術時間はあっという間に終わるので、恥ずかしさの軽減に繋がっています。

施術がとても痛いってうわさは本当?

Vラインの脱毛はとても痛いといううわさがありますが、最近では痛みを感じるリスクはとても低くなっています。
どうして、このようなうわさがあるかというと、昔の脱毛のイメージの名残です。
今の脱毛器は進化していて、改善されているので安心して施術を受けることができます。

どうしても不安な場合は、事前にスタッフに相談するようにしましょう。
照射威力を調整し、対応してくれます。

脱毛サロンと脱毛クリニックならどちらで脱毛したほうがいい?

Vラインを脱毛するにあたって、サロンとクリニックどちらが良いか迷う方も多いのではないでしょうか。
どちらにもそれぞれの魅力があります。

・サロン
エステの技術を有しているので、大切なVラインのお肌をしっかり美容ケアしながら脱毛していくことができます。
クリニックで行われる医療レーザー脱毛より威力が弱いので刺激に敏感な方も安心して受けることができます。

・クリニック
医師の監督のもとスムーズな脱毛をしていきます。
サロンで行われる光脱毛より威力が強いので、脱毛期間短縮に期待ができます。
医療機関なので薬の処方にも対応しています。

エステ特有のケアを重視するならサロンでの脱毛がおすすめです。
デリケートな部分なので医療機関でしっかり脱毛していきたい方にはクリニックがおすすめです。

プランの料金設定はサロンのほうが全体的にクリニックより安く設定されていることが多いですが、クリニックの脱毛のほうが卒業まで早いことが多く、結果的に通う期間と総額をみるとクリニックのほうが少し安かったという例も珍しくありません。

どちらを選ぶかは好み次第ですが、どちらを選んでも技術がしっかりしているので、満足いく脱毛ライフを過ごせると思います。

おすすめのサロンとクリニックをピックアップ

・おすすめサロン【ミュゼ】

Vライン脱毛にも期待できる人気サロンのミュゼ
街で広告を見かける機会が多いミュゼは安心感が強いので、脱毛初めての方でも足を運びやすいサロンです。
店舗数が多く、店内は衛生的で快適です。

女性の強い味方ミュゼにはデリケートゾーンのプラン等もあり、快適な脱毛をしていくことができます。
キャンペーンが豊富で、キャンペーンによっては半額で施術を受けられることもあるので要チェックです。

・おすすめサロン【脱毛ラボ】

脱毛ラボでは丁寧にしっかりVライン脱毛をしていく
脱毛ラボは1パーツ1,980円~の単品脱毛を取り扱っていて「Vラインのみ脱毛したい!」という希望にも対応しています。
脱毛卒業までの期間が短く、予約が取りやすいことでも知られています。

・おすすめクリニック【アリシアクリニック】

医師が在籍する環境で衛生的で的確な脱毛に期待ができるアリシアクリニック
医療レーザー脱毛を取り扱うクリニックの中で抜群の知名度を誇る人気クリニックです。
VIOまとめての施術にはなりますが、毛を残すデザインと、毛を全部無くすデザインを事前に選択することができ、毛を残すデザインを選択すると料金が少し安くなります。
毛を全部なくしたくないという方には特におすすめです。

脱毛期間中は自己処理をするの?

Vラインの脱毛期間中、自己処理は必要です。
他の箇所でもそうですが、脱毛器の精度を上げるために毎回予約日の前日には自己処理できれいにしていく必要があります。

Vラインはあまり他人からは見られない箇所。
予約日の前日は自己処理が必須でも、それ以外の普通の日に関しては自己処理をしたくない方はしなくても問題ありません。
腕や脚のように他人にみられやすい箇所ではないので、そこは楽だといえます。

ちなみに、Vラインを自己処理するときに使用する道具として思いつくのはカミソリかもしれませんが、おすすめは電気シェーバーです。
電気シェーバーは自己処理用の道具の中では特にお肌への負担が少なく、安全で負担の少ない自己処理をすることができます。

美容家電で有名なパナソニックの美容家電は特に人気があるようなので、これから脱毛をスタートする予定の方はぜひチェックしてみてくださいね。

生理中の脱毛はどうしたら良い?

生理中はサロンであってもクリニックであっても、直接影響のあるVラインの施術はできません。
予約は生理日に被らないように取得しましょう。

これからの時代はVIO脱毛が当たり前になる?

ひと昔前まで、日本の女性はVIOの処理をしないのが普通でした。
銭湯や温泉に行くとわかると思いますが、中年くらいの女性は普通に毛が生えています。
最近になってVIO脱毛が注目され、実際に脱毛する女性の数が増えてきているのは、まさに時代の変化だといえます。

若い女性でVIO脱毛をしている方は、銭湯や温泉でもまだ頻繁に見かけるわけではありませんが、サロンやクリニックの需要が増えているデータをみれば今後は変わってくるかもしれません。

Vラインの毛がなくなれば見栄えがよくなります。
美意識や女子力に直結する箇所だといえます。

さらに、Vラインの毛をお手入れすると下着の中でムレる確率が下がります。

ムレなくなれば衛生的で、かゆみやニオイといったものに繋がるリスクを下げます。

女性同士でも話題にしづらい内容ですが、この箇所のニオイやかゆみで悩んでいる女性、けっこう多いです。
中にはコンプレックスに感じたり、病気かと疑ったり、専用の高級ソープを購入したりする方もいますが、お手入れしただけで一気に改善したという例も珍しくありません。

それくらいVIOというのは影響がある箇所なのです。

快適さはどんどん認識されるようになってきたので、これからますますVIO脱毛を始める女性が増えるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。

Vラインといえば何となく女性同士でも話題にしづらい箇所ですが、脱毛を始めている方は増加中です。
特にこの箇所を選択して脱毛する方は美意識が高い方が多いです。
Vラインの脱毛は女性のエチケットといえるのではないでしょうか。
しっかりお手入れをしていきたいものですね。

特にニオイの改善に期待できることには要注目です。女性を傷つけないようにニオイに我慢している男性も多いといわれています。ニオイに関して特別な原因がない場合はお手入れをしたことで改善することも珍しくありません。

見栄えの美しさだけではなく衛生的に直結する脱毛。
これからきれいになりたい女性は要注目です。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



全身12箇所の内、4箇所がなんと1か所100円!

539142m

全身からどの箇所でもなんと1か所100円で脱毛可能
日本一の店舗数の脱毛サロン!好きな時に予約出来て、なんと解約手数料も無料の脱毛サロンです。
初めての脱毛におススメの脱毛サロンです


2ヶ月分が0円!!!医療レーザー脱毛はアリシアクリニック

4467-1460226643-3

2ヶ月分の脱毛料金が無料!
月額9500円から脱毛可能!
キャンセル料無料!
医療レーザー脱毛で永久脱毛