VIO

サロンの全身脱毛プランで最初から施術範囲に含まれていることも多くなったVIO(デリケートゾーン)

パイパン(ハイジニーナ)はVIO脱毛で行う事となります。

VIO全てをピカピカのパイパンにすることを望む方もいれば、全身脱毛プランを申し込んでいてもVIOは整えるだけにして、毛を残して欲しいという要望を持つ方もいるそうです。

そのため、サロンの多くはVIO脱毛においてどこまで施術するか、毛を残す場合はどのような形にするか、デザインを選択できるところが増えています。

パイパンにするにはVIO脱毛をする事がおすすめです。

VIO脱毛のおススメサロンについては下記から確認出来ます。



VIO脱毛が出来るおススメ脱毛クリニックは以下からどうぞ



おすすめのVIO脱毛についてのページはこちら

女性によって好みの分かれるVIO

今回の記事では、多くの女性がどうしたらいいか悩みがちなVIO処理の中でも、毛を完全に処理してつるつるにする「パイパン」について、詳しく掘り下げてご紹介していきます。

パイパンにするメリット

何といってもパイパンは毛がなくなりつるつるすべすべになることから、見栄えが良く、清潔感があり、通気性が良くなることからニオイやムレといった女性が恥ずかしく感じる悩みの解消につながるというメリットがあります。

さらに人によっては、パイパンにするとSEXの時に遮る毛が無いことで感じやすくなることがあるそうです。

女性としてはお得がいっぱいのパイパン。

しかし、下着を履いた時にこすれて違和感がないの?

男性ウケはどうなの?

デメリットはないの?

このようなことが気になってしまう方も多いはず。

こちらについては後々詳しくご紹介していきます。

ただ、筆者としてはパイパンにすることが圧倒的におススメです。

パイパンの魅力をたくさんご紹介して、少しでもパイパン肯定派が増えてくれることを、そしてこれからパイパンにしたいけどちょっと勇気が無いという方の後押しができればと願っています。

先進国の中で日本はVIOケアについて遅れている国だといわれています。

欧米の先進国では女性は早いうちからパイパンにするのが当たり前で、お風呂でもVIO専用の石鹸を使って洗う徹底ケアをしています。

それに対し、日本では最近になるまでVIOのお手入れをするという文化がほとんどなく、全身と併せてボディーソープで洗っている方がまだまだ大半を占めています。

最近になり海外産のVIO専用石鹸のCMを観るようになってきて、ショップでの商品取り扱い種類も増えてきているように感じます。

VIOのお手入れについて、全体的にこれまでとは少しずつ意識が変わってきているのではないでしょうか。

それでも、VIOの毛の処理をしない、ボディーソープで洗っている、その箇所について話題にしたり病院に行ったりするのが恥ずかしいという理由から、知識不足で衛生的にできておらず、ニオイやムレといったものに悩まされる日本人女性はまだまだ数多くいると思われます。

そんな女性達が1人でも減っていけば、女性はもっと美しくエネルギッシュになれると思います。

最初は抵抗がありつつも、サロン脱毛でパイパンにしてみたらその快適さに感動し、もう二度と毛は生やせないという声をよく耳にします。

VIOのお手入れをして、快適さと美しさを目指してみませんか?

お手入れにおススメなのは脱毛サロンです。

下記はパイパンにおススメの脱毛サロンをランキング順にし、分かりやすく表示しています。



男性はパイパンをこうみている

パイパンを指摘する男性

パイパンに対する男性の評価はバラバラです。

パイパンに対する男性からの良い評価は「見栄えがキレイ」「清潔」「美意識が高い」「ニオイがしなくて良い」等ですが、

悪い評価は「前の男の趣味?」「遊んでそう」「毛がある方が興奮する」等です。

世の中にはワキ毛を剃らないで欲しいという趣味の男性もいるわけなので、評価については仕方ない部分もあると思います。

個人の趣味嗜好によるものは、もはや気にしても仕方ないのではないでしょうか。

筆者も見栄えと衛生面からパイパンにしていますが、実は、これまで交際してきた男性達からはかなり高評価でした。

パイパンが珍しいらしく「何でパイパンにしたの?」と聞いてくる方もいましたが、恥ずかしがらずに理由を伝えれば、むしろ美意識の高い子、女子力の高い子と、感心してもらえました。

抵抗がありそうな男性には、理由を説明して理解を得るようにしましょう。

各種SNSでもパイパンは男性の受けがいいと話題になっております。

彼氏はパイパンにすると喜ぶ?

彼女がパイパンであることに喜ぶかどうか、これも上記に引き続き男性の趣味嗜好によります。

ただパイパン肯定派の男性はかなりの数、存在します。

そして彼らは共通してパイパンというものが物凄く大好きです。

それはもう神格化しているといっても過言ではありません。

その理由は、パイパンがまだまだ日本女性の中で希少種だというのも背景にあるのではないでしょうか。

つまり、彼氏によってはかなりの高評価ポイントに繋がり、ますます愛が深まることがあります。

彼氏の好みが不安な方は、それとなく相談してみると良いでしょう。

パイパン脱毛とキレイに毛を残すのはどちらが彼氏に印象いいの?

素敵な彼氏

繰り返しになりますが、パイパンと毛がある状態のどちらが良いか、これは本当に男性の趣味嗜好によります。

毛がある方がエッチの時興奮するという方もいれば、パイパンの方が興奮するという方もいます。

どんな男性でも共通しているのは「清潔感がある方がいい」というものだと思います。

パイパンにするとしても、お手入れをして毛を残すとしても、デリケートゾーン専用の石鹸で洗う、外出先でもデリケートゾーン専用のウェットティッシュを使って清潔にする等、女性としての美意識を強く持っているようにしましょう。

ハイジニーナ脱毛ってどんな脱毛

ハイジニーナ脱毛はいわゆるパイパンの状態にまで脱毛することを指します。

元は外国語で清潔という意味の単語が変形した言葉です。

VIO全てのムダ毛を処理してつるつるにする脱毛スタイルです。

ハイジニーナ=清潔という意味なら、

つまりパイパン=清潔ということです。

お手入れをしてちょっと毛を残すスタイルはハイジニーナには当てはまらず、VIO全てを処理して初めてハイジニーナを名乗れます。

海外セレブは特に、ハイジニーナ状態まで脱毛するのが当たり前。

日本のタレントやモデル達も、撮影で下着や水着姿になる際に毛がはみ出ると怒られるので、ハイジニーナ脱毛をしている方は多いです。

それより数は減るかもしれませんがアイドルの中にもしている子はいます。

少々女性としては恥ずかしい箇所の脱毛なので、したくないと感じる方もいるかもしれませんが、彼女たちのような美しさを売る職業の方々にはムダ毛があるとマイナスイメージなのでしょうね。

やはり女性はつるすべでいたほうがキレイに見えるということでしょう。

パイパンにするのにおススメな脱毛って?

かみそり

脱毛方法には、サロンで定番の光脱毛、ブラジリアンワックス脱毛

クリニックで定番のレーザー脱毛

そしてカミソリや除毛クリーム等、自己処理という方法がありますが、パイパンにするならおススメは光脱毛です。

お肌をいたわりながら、永久的にムダ毛の生えないお肌を目指していくことができます。

光脱毛の詳しいご説明は後々していきます。

パイパン脱毛って痛いの?

気になる痛みですが、正直刺激に敏感なIラインについては他の部位より痛みを感じやすい傾向にあります(これも個人差があり、施術中まったく何も感じない方もいます)

腕や足といった脱毛箇所を施術したときは、輪ゴムではじくような軽い刺激を感じるといわれていますが、イメージとしてはその刺激と同等~ちょっと痛いくらいで考えておくと良いのではないでしょうか。

とはいえ、芸能人でもない普通の中学生や高校生でも脱毛しているくらいなので、それほど心配しなくても良いと思われます。

どうしても不安な方は、サロンによっては無料カウンセリング時に体験できるところもあるみたいなので、スタッフに相談してみてくださいね。

パイパンにするには脱毛サロンがおススメ



上記は光脱毛のサロンを紹介しています。

光脱毛は痛くない脱毛手法を行っている脱毛サロンです。

パイパンにする時におススメなのはサロンで定番の光脱毛です。

その理由と併せて、サロン(光脱毛)とクリニック(レーザー脱毛)の特徴をご紹介します。

一般的にかかる費用の相場はサロンの方が少しお安め。

サロンの方が脱毛器の照射威力が弱めな分、刺激も軽減されやすいですが、脱毛完了までにかかる期間(通う回数)も長くなりやすい傾向にあります。

期間はおおよそ他の箇所と同じくらいです。

脱毛をどこまで続けるかは個人によりますが、1年半~2年程時間をかける方が多いみたいです。

VIO脱毛もそれくらいの期間を目安にすると良いのではないでしょうか。

クリニックの場合は、脱毛器の照射威力が強いため施術期間を短縮できることが多いですが、威力が強い分、個人の肌質によっては赤くなりやすかったり、刺激を感じやすかったりします。

とはいえ、クリニック=医師のカウンセリングや監督下で行われ、施術をするスタッフも有資格者なので、深く心配する必要はありません。

徹底的にムダ毛を処理したい方は医療脱毛を好む傾向にあります。

サロンは独自開発のケア用品を展開しているところも多く、施術前後にまるでエステティックのようなケアをしてくれるところも増えているので(TBC、ミュゼ、シースリー等)

威力の強さや期間短縮についてこだわらない方は、エステ通い感覚でサロンを好む傾向にあります。

ポイントをまとめると以下の通りです。

クリニック=威力が強い分刺激が強いことがある、脱毛期間短縮を目指せる、医師がいて安心、施術担当が有資格者で安心、相場がサロンより高め

サロン=威力が弱い分クリニックより脱毛期間がかかりやすい、施術前後のケアがエステティックみたいで肌がスベスベになる、相場がクリニックより安め

筆者はどちらでも脱毛を経験しましたが、VIOに関しては「サロン脱毛」を絶対おススメします。

VIOはデリケートな箇所なので、しっかりと保湿や美容ローションでお肌をケアしながら施術してくれるサロンの方が良いのです。

パイパンにするのにおススメしない脱毛方法は自己処理

最もお金のかからない脱毛方法は自己処理だと思います。

腕や足といった皮膚の厚い箇所でもカミソリ負けをするくらいなので、VIOのようにデリケートな箇所はもっとカミソリ負けしやすいです。

筆者も一時期はカミソリで処理していましたが、Vラインについては太い毛が根本までキレイに剃れずチクチクしたり、Iラインはカミソリをあてるのに慎重になりすぎて上手く剃れなかったり。

そして肌荒れもしやすかったです。

自己処理は気軽でリーズナブルですが、美が目的で脱毛を考えているのであればおススメはしません。

VIO脱毛の自己処理はどこまでやるの?

パイパンにすると生理中に何かかわる?

見栄えだけではなく、衛生的、清潔が売りのパイパンです。

毛がないことで多くの女性の悩みである生理中のムレが軽くなり、ムレが軽くなるということはニオイも軽減されやすくなります。

生理中の諸問題で悩まされてきた方は、パイパンにすると快適さに驚くのではないでしょうか。

生理中にかゆくなりやすいという方も、パイパンにして改善されることが多いようです。

生理中に人に相談しづらい悩みを抱えている方にこそ、ぜひパイパンを試していただきたいです。

パイパンにするデメリット

逆にパイパンにしたときのデメリットについてですが、はっきりいって肉体的なデメリットは無いといっても過言ではありません。

お手入れをする=清潔になるからです。良いことばかりですよね。

しかし「個人の趣味嗜好」が原因となってデメリットになる可能性が1つあるので、そこが注意点です。

元々日本にはパイパンにする文化が無いわけなので、男性によってはパイパンにしている女性がとても珍しく「え?何で?」と思われることがあります。

「前の男の趣味でパイパンになったのでは?」と勘ぐってしまう人もいます。

これは、もし問い詰められようものなら女性の立場としては本当にショックで嫌ですよね。

でも大丈夫。

その中でも、女性が美しくなるためにサロンで脱毛することを肯定する男性は圧倒的大多数です。

「全身脱毛の範囲だから、ちょっと恥ずかしいけどパイパンにしたの」と説明すれば、美意識の高い子なのだなと、彼の評価はグンとアップするはずです。

最後に
いかがでしたでしょうか。

まだまだ浸透していないパイパンですが、筆者も周りの話を聞くかぎり、興味を持っている女性達がかなり増えているのだなと感じています。

しかし、パイパンという単語をいやらしく感じてしまったり、デリケートな部分の毛をあえて処理するという行為に理解が無かったりする男性も一定数いて、好きな人に引かれたくないからパイパンにできない・・・という女性がいるのも理解しています。

パイパンは見栄えが美しく、清潔で快適です。

1人でも多くの女性にこの快適さを味わってもらえるように、パイパンに対する認知度や理解度が上がっていけば良いと思います。







全身12箇所の内、4箇所がなんと1か所100円!

539142m

全身からどの箇所でもなんと1か所100円で脱毛可能
日本一の店舗数の脱毛サロン!好きな時に予約出来て、なんと解約手数料も無料の脱毛サロンです。
初めての脱毛におススメの脱毛サロンです


2ヶ月分が0円!!!医療レーザー脱毛はアリシアクリニック

4467-1460226643-3

2ヶ月分の脱毛料金が無料!
月額9500円から脱毛可能!
キャンセル料無料!
医療レーザー脱毛で永久脱毛