キレイモとDKBCを比較している女の子

脱毛済みの女性が周りに増えてきたと感じませんか?
脱毛ブームの今、巷には大量の脱毛サロンが登場し、料金もリーズナブルに。
気軽に通いやすくなりました。

これだけたくさん登場すると、今度は選択肢が多すぎて、どれを選べば良いかわからないと迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
迷ってしまった時には注目されているサロン同士を比較して選んでみてはいかがでしょうか。

今回は「キレイモ」と「DKBC」という人気の2つのサロンをピックアップ。
それぞれの特徴や魅力を比較することで、どちらがよりおすすめのサロンか判断していきましょう!

キレイモとDKBCの脱毛方法

キレイモのロゴデザインは清楚系

印象的なDKBCのロゴデザインのこと

板野友美さんがイメージモデルを務め、電車内等でも広告を頻繁に目にする有名サロン「キレイモ」と、医療美容の観点からの施術を得意とする洗練されたサロン、ドクターコタニビューティークリニックこと「DKBC」

それぞれのサロンはもちろん違うサロン同士、雰囲気も導入している脱毛器も違うのですが、脱毛方法自体は同じとなります。

どちらも同じ光脱毛

キレイモもDKBCも、どちらも同じ光脱毛という方法で脱毛を提供しています。
光脱毛とは、脱毛器で素肌に直接光を照射して、毛を生やす細胞にアプローチをする脱毛方法で、毛周期と呼ばれる毛の生えるサイクルに合わせて定期的に施術を繰り返し、最終的にムダ毛の生えないつるすべ肌を目指していきます。

痛みのリスクが低く、元々フォトフェイシャルという美肌エステの技術を応用していることから、脱毛=お肌が荒れそうというイメージを覆し、多くの女性達から支持されています。

キレイモとDKBCは、どちらも光脱毛を提供していますが、脱毛器自体は違うメーカーのものを取り扱っています。
ただし、どちらも国産の脱毛器で日本人の肌質に合わせて開発されている特徴を持ち、日本人女性のお肌の脱毛にピッタリです。

キレイモとDKBCならどちらが脱毛時の痛みが上?

どちらも光脱毛ということで、基本的には痛みのリスクは同じくらい。
どちらも低くなっています。
あとは施術するスタッフ次第という部分もありますが、キレイモのスタッフも、DKBCのスタッフもしっかりと研修を受けてから現場に立っているので、その点は安心できるといえます。

通う期間と頻度を比較

キレイモとDKBCに通う頻度は以下の通りです。

サロン名 通う頻度の目安 脱毛卒業までの目安
キレイモ 約2ヵ月に1回 1年半~3年の範囲
DKBC 約2ヵ月に1回 1年半~3年の範囲

どちらも同じ光脱毛ということで、個人差に左右されることも多くなっています。

キレイモとDKBCは全身脱毛に対応している?

キレイモは全身脱毛専門サロンです。
つまり、全身脱毛のコースしか取り扱いがありません。
その分、予約枠の管理がしやすく、必然的に予約が取りやすくなっているというメリットがあります。

対するDKBCは全身脱毛専門サロンではありませんが、全身脱毛のコースの取り扱いがあります。

VIO脱毛だけでも選択できる?

キレイモの場合は、全身脱毛専門サロンなので、VIO脱毛だけの選択はできません。
DKBCは、全身脱毛専門サロンではないので部分脱毛のコースを選択することはできますが、公式サイト上にはVIO脱毛のコースについては記載されていません。

どちらも、VIO脱毛を受けようと思ったら、全身脱毛コースを選択するのが基本です。
最近では、360度どこをみられても大丈夫なつるすべ美肌になれる全身脱毛が定番になってきているようなので、VIO脱毛だけを検討していた方も、思い切って全身脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

キレイモとDKBCの料金を比較

気になるキレイモとDKBCの脱毛料金をみていきたいと思います。
ちなみに、キレイモには全身脱毛のコースしかないことから、全身脱毛のコース料金で比較しました。

サロン名 全身脱毛4回 全身脱毛6回
キレイモ 114,000円
DKBC 125,280円 174,960円

料金面はキレイモのほうが安いという結果になりました。
ちなみにキレイモには12回のコースもあり、こちらは212,040円になります。
12回も通えてこの料金というのは、安く感じますよね。

掛け持ちすることで安くできる?

脱毛マニアの方の中には、2つくらいサロンを掛け持ちして箇所ごとにキャンペーンを駆使する等して、安く抑える作戦をする方もいるようです。
タイミング的に上手く組み合わせられるキャンペーンがいくつか実施されていれば、それも可能ですが、キレイモとDKBCの場合は難しいです。

キレイモが全身脱毛専門サロンだからこそ、キャンペーンがあっても掛け持ちは難しいかと思います。

キレイモとDKBCの通いやすさを比較

キレイモは全国展開しているのに対し、DKBCでは東京都、福岡県、熊本県、鹿児島県に展開しています。
もちろん家の近場にどちらがあるかによって個人的な視点では変化しますが、全国的な通いやすさでみるとキレイモのほうが圧倒的に通いやすいです。

店舗が多い分、そもそもの予約枠の数が多いのも、キレイモの特徴です。

DKBCはキレイモ程の店舗数も通いやすさもないですが、その代わり落ち着いている印象がある「穴場」的なサロンでもあります。
また、脱毛以外に様々なエステ分野を取り扱っていることから、医療美容とエステの良いところどりでキレイを目指したい方と、DKBCの相性はばっちりだといえます。

キレイモとDKBCの生理時の対応を比較

生理中については、キレイモであってもDKBCであってもVIO脱毛はできません。
直接的に影響があることから、当たり前といえば当たり前です。

直接的に影響のあるVIO以外の箇所なら、問題ないかというと、応相談になります。
当日の体調次第では施術を受けられないことも・・・。それはキレイモであってもDKBCであっても同じです。

どうしてかというと、生理中はホルモンバランスが乱れていて肌質に影響を与え、通常通りの施術効果を得られない可能性があるからです。
そこで無理に施術を受けて1回を万全の状態で受けられないよりは、生理中以外の時に施術を受けるほうが良いかと思います。

施術予約日に生理に被ると思ったら、無理せず予約日をまるごと変更してしまうのがおすすめです。

【まとめ】けっきょくどちらがおすすめ?

いかがでしたか。
今回の記事では、キレイモとDKBCという2つの人気サロンについて、特徴や魅力を比較していきました。
どちらも魅力的なサロンです。
脱毛方法は同じですが、雰囲気には違いがあります。
キレイモのほうが学生さんから大人の女性まで幅広い年齢層でにぎわっているイメージで、DKBCはどちらかというと社会人女性~主婦の女性達が多く落ち着いているイメージです。

全国展開の規模でいえばキレイモのほうが圧倒的に通いやすくなっていますが、都内や九州にお住まいであればDKBCも充分通いやすいと思います。
料金面はキレイモのほうがリーズナブルという結果にはなりましたが、あとは好みによる判断になるのではないでしょうか。

キレイモもDKBCも、どちらも技術力があることで知られているサロンです。
どちらを選択しても脱毛への期待度は高くなっています。
自分好みのサロンで、快適な脱毛ライフを始めてみてくださいね。理想のつるすべ肌を目指していきましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

合計4箇所300円脱毛!(税抜)
両ワキVラインの脱毛通い放題でなんと300円
日本一の店舗数の脱毛サロン!好きな時に予約出来て、なんと解約手数料も無料の脱毛サロンです。
初めての脱毛におススメの脱毛サロンです

2ヶ月分が0円!!!医療レーザー脱毛はアリシアクリニック

4467-1460226643-3

2ヶ月分の脱毛料金が無料!
月額9500円から脱毛可能!
キャンセル料無料!
医療レーザー脱毛で永久脱毛